BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

設備保全業務を革新。「Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション」提供開始

「AR」×「IoT」により業務を革新

コネクシオ株式会社は、2019年8月23日、『Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション』の提供を開始しました。

同ソリューションは、シュナイダーエレクトリック社の製造現場向けARソリューション『EcoStruxure Augmented Operator Advisor』と、コネクシオのIoTサービスを連携させたもの。「AR」×「IoT」により設備保全業務を革新します。

タブレットを設備にかざすと、データを画面に表示

コネクシオは、20年以上の豊富な経験を持つ大手モバイルメーカーの開発部門をバックボーンとする企業です。現場で培った通信技術経験や知見を、IoTの現場に最適化した形でサービスを提供し、IoTサービスの根幹を支えています。

『Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション』では、そんなコネクシオのIoTサービスと、世界的な重電メーカーのARソリューションを融合。作業者がタブレットのカメラを設備にかざすだけで、詳細データ・マニュアル・操作ガイドなどを画面に表示することが、可能となっています。

効果的な人材育成も実現

『Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション』では、操作ガイドを確認しながら点検作業を進めることもできるため、不慣れな作業者のミスを防ぐことができます。また、熟練者の「手本動画」を参照しながら作業を進めることも可能。さらに、点検アプリは現場をカメラ認識しないと起動しないため、未実施や抜けの防止にも貢献します。

同ソリューションによりコネクシオは、確実な点検記録とミス防止、設備保全作業全般の効率化、そして作業ノウハウの共有による効果的な人材育成も、実現するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション」を提供開始 – コネクシオ株式会社
https://www.conexio.co.jp/news/2019/190823.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top