BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI×アダプティブラーニング教材「すらら」、鹿児島・離島の小中全生徒に導入

一人一人に合わせた学習を実現

株式会社すららネットは、2019年8月21日、鹿児島県徳之島町立手々小および中学校の全生徒に向けて、AI×アダプティブラーニング教材『すらら』を提供すると発表しました。

『すらら』は、一人一人の理解度に合わせて学習を進めることができるeラーニング教材です。すららネットは同教材により、離島という地理的環境および複式学級という学習環境で、一人一人に合わせた学習を実現するとしています。

学習内容の定着をワンストップで実現

『すらら』は、小学校1年生から高校3年生までの国語と算数/数学、そして英語に対応したAI×アダプティブラーニング教材です。先生役のアニメーションキャラクターと共に、一人一人の習熟度に応じた理解・定着・活用のサイクルを繰り返すため、学習内容の定着をワンストップで実現できます。

一人でも学習を進めることができる同教材は、学習塾やデイサービスなどにおいても活用が拡大。日本国内では、既に800の塾と160の学校に提供されました。また、発達障がい・学習障がい・不登校・経済的困窮世帯を含む66000人以上の生徒にも、学習の機会を提供しています。

学習者に新しい学習体験を届ける

今回『すらら』が導入された徳之島町立手々小・中学校は、離島に立地するため、一人一人に合わせた学習の機会が限られていました。そのため同校は、生徒が自分に合った学習を進めることができる『すらら』に着目し、導入を決定。学習内容の根本的な理解と共に、全国で『すらら』を学習している児童・生徒とのリアルタイムでの交流についても、期待しているとのことです。

すららネットは今後も、学習者に新しい学習体験を届け、「大人になっても役に立つ真の学力」「努力をすれば結果が出るという自信」を提供するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AI×アダプティブラーニング教材「すらら」鹿児島県徳之島町立手々小・中学校で導入 – 株式会社すららネット
https://surala.jp/image/press/190821.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top