BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

交渉や調整も自動解決。複数のAIが利害を調整する検証環境、IICが承認

産業用インターネットにおける有用性を検証

沖電気工業株式会社は、2019年8月21日、複数のAIが互いの利害を自動調整する検証環境(テストベッド)が、国際業界団体インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(以下「IIC」)から承認されたと発表しました。

承認されたテストベッドは、産業用インターネットにおける新しい技術・応用方法・サービスなどの有用性を検証していく場として開発されたもの。開発には、沖電気や日本電気株式会社、豊田通商株式会社など6者が参画しています。

複数のAI同志の間で協調・連動

現在の社会では、AIの活用により社会の価値の増大や産業競争力の向上を狙う動きが、活発になっています。そのため将来的には、複数のAI同士が自動で協調・連携し、社会問題を解決することも予測されるようになりました。現在は人が行っている複雑な組織間の利害調整も、AI同士が連携することにより、素早く効果的に解決できる可能性も、期待されています。

こうした状況に合わせて、同テストベッドは開発されました。同テストベッドでは、複数のAI同志の間で協調・連動動作を可能にするAI基盤技術を活用。各システムのAI同士が、取引条件・資源の割り当て・融通方法などについて自動で交渉し、双方の利害を調整することが目指されます。

産業技術総合研究所と共同でIICへ提案

同テストベッドの開発に参画するのは、沖電気・日本電気・豊田通商に加えて、株式会社カブクとFraunhofer IOSB、そしてKorea Electronics Technology Instituteの6社です。この6社が、国立研究開発法人 産業技術総合研究所と共同でIICへの提案を行いました。

なおこのテストベッドには、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラムにおける研究成果が活用されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AIが互いの利害を自動調整するための検証環境が「IIC」から承認 – 沖電気工業株式会社
https://www.oki.com/2019/08/z19035.html?pid=WTN

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top