BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIで中小河川の水位予測を可能に

AIで中小河川の水位予測を可能に

2019年8月16日、富士通株式会社は「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」(ジンライ)で過去の少ない雨量、水位データから、河川の水位を精度よく予測する技術を開発したと発表しました。この技術はAIを使用し環境の変化を学習することで、少ない雨量、水位のデータから予測することを実現しています。

開発の背景と概要

ゲリラ豪雨や台風の影響で、河川が氾濫する被害が多く発生しています。中小河川でも短時間で水位が上昇する現象がみられ、対策が急がれています。今までも大規模な河川に対しての水位予測は行われていましたが、中小河川においては流量観測などの必要なデータがそろっていないなど、水位の予測が困難な状況でした。そのため、測量データを使用せず、過去の少ない雨量、水位データからの河川水位予測技術の開発に至りました。

まずは、水理学におけるタンクモデルベースの関数を作成し、過去の雨量、水位データを機械学習させ数理モデルを構築しました。このモデルを用い、AIが気象関連機関が各自治体へ配信する降雨予測データを使用し、今後の水位を予測しています。

技術検証および今後について

中小河川の過去データを使用しモデル検証を行った結果、1回の降雨データを使用しても水位上昇を一定の精度で予測可能だと確認できました。また、流量観測のデータを使用した標準的な水位予測方法と比較検証を行い、公立大学法人首都大学東京 河村明教授の協力のもと、この技術が同等以上の精度が得られることを確認しています。

今後富士通株式会社は、日本だけでなく海外でもこの技術の適応を考えており、2019年度中のソリューション化を目指しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通株式会社 プレスリリース
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/08/16-2.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top