BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI契約サービス「AI-CON」、工事請負契約のリスク判定を新機能として提供

AIを活用することで契約業務を効率化

GVA TECH 株式会社は、2019年8月20日、同社のAI契約サービス『AI-CON』において、工事請負契約のAIによるリスク判定を新機能として提供開始したと発表しました。

GVA TECHはリーガルテックサービスの開発・運営を行う企業であり、『AI-CON』はAIを活用することで契約業務を効率化するサービスです。工事請負契約のリスク判定機能は、同年7月31日より提供が開始されています。

「法律知識がなくても自由にビジネスを行える未来」

『AI-CON』は、ビジネスにおける法務格差の解消を目指すGVA TECHが、テクノロジーの活用により本格的な法律業務を効率化するサービスとして開発されました。

同サービスでは、契約業務における合意形成までのプロセスに着目。難解な言葉が多い契約書のリスク理解を進め、契約のスムーズな作成や、修正・交渉への活用が可能となります。

同社は、「法律知識がなくても自由にビジネスを行える未来」の実現を企図。そのため、『AI-CON』をより良いサービスにすべく開発を続けています。

リーズナブルに法務サービスが利用できる

工事請負契約は、受注者が工事の完成を約束し、発注者はその工事の完成に対して報酬を支払うことを約束するという契約となります。『AI-CON』の新機能では、この契約における発注者・受注者それぞれの立場でリスク判定に対応。費用がネックとなり十分な法務サービスを受けることができなかった事業者でも、リーズナブルに法務サービスが利用できるようになっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AI-CON – GVA TECH 株式会社
https://ai-con.lawyer/

「AI-CON」、新たな契約書類型として、工事請負契約のレビューに対応開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/ht

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top