BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

東京電力パワーグリッドが取り組むDXについて、セミナー開催

日本計画研究所、東京電力パワーグリッドのDX実現の取り組みセミナー開催

2019年8月9日、東京電力パワーグリッド株式会社 技術・業務革新推進室室長 島田 敏彦氏を招き、セミナーを開催すると日本計画研究所が発表しました。

タイトルは「グリッドのデジタル化 データドリブンの事業運営 デジタルソリューションの収益化 、東京電力パワーグリッドが目指すDX(デジタル・トランスフォーメーション)とその実現に向けた取り組み」です。

セミナーの概要

電力の自由化などで変化する事業環境の中、東京電力パワーグリッドが目指すDXの実現に向けた取り組みについて、詳しく説明します。国内送配電事業の現状と課題から事業改革として、AI設備診断、設備保全の自動化、デジタルソリューションの収益化まで、東京電力パワーグリッド株式会社の方向性が理解できる内容となっています。

また、セミナー終了後に名刺交換会を実施し、自社のビジネスの発展に役立てる構成となっています。

セミナー開催日時

開催日は、2019年09月20日(金)、13時30分~15時30分(受付は12時30分まで) です。会場は、JPIカンファレンススクエア(東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル)です。

参加費用は民間と行政とで金額が変わります。民間1名参加の場合は32,850円(資料代・消費税込)、2名以降は27,850円 (社内または関連会社で同時申し込みの場合)となります。行政(国家公務員・地方自治体職)は、先着5名様まで無料で招待しています。(ホームページからの申し込みに限る)

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

日本計画研究所 セミナー一覧
https://www.jpi.co.jp/seminar/14691

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top