BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ドコモ、世界最高峰データ分析競技会で1位を受賞

ドコモ、「KDD CUP 2019」で世界第1位

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2019年8月9日に「KDD CUP 2019」で世界第1位になったと発表しました。受賞内容の発表と授賞式は、2019年8月4日(日)から2019年8月8日(木)、「KDD 2019」にて行われました。

KDD CUP 2019 とは

「KDD CUP 2019」は国際学術会議KDDが主催する世界最高峰データ分析競技会で、4つの部門があります。ドコモの参加した部門は「Regular Machine Learning Competition Track Task 2 “Open research/application challenge”」(公開データを活用して課題設定、課題解決力を競う)部門です。この部門の特徴は、課題を設定し、解決策の提案を行い、妥当性が審査されます。

今回は中国を中心に利用されているBaidu Maps(百度地図を提供する地図サービス)の交通機関乗り換え案内の検索ルートやユーザの選択結果を含んだビックデータが提供されました。

受賞した提案内容

ドコモは提供されたビックデータから、中国での社会問題である大気汚染問題や短距離での交通機関の利用者が多い点、バイクシェア利用の拡大に注目しました。移動時間を増やさず、環境にやさしい交通手段の選択を検討し、短距離での移動には自転車の利用を提案するなど環境汚染物質(CO2)の削減を目指しました。

結果の提示として、CO2の排出量を9.23%削減、移動時間も9.96%削減を提示しています。さらに、交通機関利用から自転車に交通手段を変更することで、世界保健機関(WHO)推奨の運動強度11.25METh/weekの13.6%をカバーでき、健康促進の効果があることを明らかにしました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社NTTドコモ ニュースリリース
https://www.nttdocomo.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top