BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【画面にペタリ】スマホの技術向上が高機能フィルム市場を刺激する

折りたたみスマホ向けフィルムの世界規模は13万㎡(見込み)

8月9日、高機能フィルム世界市場の関する調査の結果が矢野経済研究所によって報告されました。

報告では、このうちFoldable(折りたたみ)スマートフォンカバー用透明PI(ポリイミド)フィルムに特に注目されており、その2019年の市場規模(世界出荷量)は13万㎡と見込まれています。

また、高機能フィルム全般に関しては、近年のフィルムメーカーにおける「新たな領域でのニーズに応える」ための研究開発の活発な取り組みを背景に、今後さらに拡大していくことが予測されています。

高機能フィルムとは

この調査は、矢野経済研究所がフィルムメーカー、コンバーターを対象に、研究員による直接面接取材および文献調査を併用する方法で、高機能フィルム世界市場の製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにしようとしたものです。

なお、この調査における「高機能フィルム」とは、「ディスプレイ・光学、電気・電子、一般産業用のベースフィルムおよび加工フィルム」と定義されており、その市場規模はメーカー出荷量ベースで測られています。

市場に含まれる具体的な製品としては、PETフィルム、Foldable端末カバー用フィルム(透明PIフィルム、光学用高透明ウレタンシート)、低誘電フィルム(PIフィルム、LCPフィルム)、MLCCリリースフィルム、偏光板用プロテクトフィルム等が想定されています。

新たな研究開発が潜在市場を顕在化

報告によると、高機能フィルム市場のこれまでの発展と維持は、主として「既にある原反(ベースフィルム)、材料、技術のブラッシュアップ(付加価値の向上とそれによる市場開拓)」によって支えられてきたものとされます。

しかし近年は、Foldable(折りたたみ)スマートフォンや5G基板など新たな市場の形成が進み、低誘電、高耐熱、折り曲げ特性など既存の技術・製品の延長線上では対応しきれないニーズ発生し、「既存のブラッシュアップ」に留まらない新たな研究開発が活発化しています。

特に材料分野に関する研究開発の活発化は、フィルムメーカー自身において、これまで自らの市場として認識してこなかった分野(言い換えると「潜在的なフィルム市場」)に向けた提案の可能性を見いだすという効果も生んでいるようです。今後の市場の動向が注目されます。

このほか、調査結果の詳細が矢野経済研究所のサイトに掲載されています。

(画像はフリー写真素材ぱくたそ より)

▼外部リンク

矢野経済研究所 プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2206

矢野経済研究所 公式サイト
https://www.yano.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top